待遇はいいか

待遇に関しては配達所によるとしか言いようがありませんが、求人情報が出ている配達所の内容から考えると至れり尽くせりのところから色々と持ち出しがありそうなところまで様々だということがよくわかります。

 

新聞配達員の待遇といえば、ペナルティはどのくらいか、や配達の際に使用する原付やガソリンの扱いが気になるところです。冬場の寒さ対策などの装備は自分持ちなケースがほとんどですが、まれに軍手は貸し出してもらえたりもするのでそうした良待遇のところをよく見極めていくのもよいかもしれません。

 

ペナルティは基本的には不配や遅配、誤配、雨の日に新聞を濡らしたなどでクレームをもらうことで1回いくらと給料から天引きになるようです。これが数回たまったらペナルティになったり1回目からペナルティとして加算されたりと配達所によってルールが異なります。

 

ペナルティの対象となるようなミスは直接購読者に迷惑がかかり、配達している新聞社のイメージダウンにもつながってしまうことになります。毎日当たり前に届く新聞だからこそお客様も厳しいのでそこは大きな責任感が必要となってきます。

 

また原付を貸してはくれるもののガソリン代は自分もちだったり保険も任意保険には自分で加入しておく必要があったりと細々した部分ですが違いがあるようなのでチェックが必要です。

 

全体的にまかないがあったり、社員割引のような制度があるわけではないので他の人気のあるアルバイトと比べると待遇もあまりよくないと思われてしまうかもしれませんが、そこを割り切って高収入を得るんだと考えたほうがよさそうです。

 

最低限の保障がなされているかどうかだけでもチェックをしておきましょう。