配達手段

新聞配達の配達手段は様々です。配達所や配達部数、配達エリアの範囲によっても手段は変わってきますが、走るか自転車か原付での配達となります。

 

その中でも原付は配達できる部数も多くかつ効率的に広い範囲に配ることができるので重宝されており、新聞配達のアルバイトをする上で原付バイクの免許を持っていることが条件となるケースも多くあります。

 

走って配るというイメージもなんとなくありますが、新聞はたくさんになると意外と重たいものです。月に1度の新聞回収のときに新聞をまとめた経験がある人ならおわかりかもしれませんがただの紙の束なのにまとまるとかなりの重さになります。

 

大手新聞社の新聞でチラシの多い日などはかなりの重さになるのでそれを持って走れる部数しか配れないとなるとなかなか難しくなってきます。

 

自転車ならある程度重いものでも、と思えますが重い新聞を乗せてこぐのはかなりの重労働です。平坦な道しかない場所ならまだしも住宅街などでアップダウンがあったりくねくねと曲がらなければならないような道の場合は転倒する可能性も高くなり大変です。

 

こうして考えてみると原付での配達はかなり理にかなっているといえます。実は原付の免許は簡単に取得できるもので、自動車やバイクなどと違い何ヶ月も通ったり合宿へ行く必要はありません。

 

道路交通について勉強しておき試験を受けその場で実地訓練を軽くし合格すれば免許を取得できます。たいていはその日のうちに1度で合格できるものなのです。

 

新聞配達のアルバイトでガシガシ稼ごうと思っているなら原付の免許を取得して、配達手段に困らないようにしておくことをオススメします。