住み込みで働く

新聞配達というと朝も早く住み込みで寮のようなところに住むという印象の人も多くいると思いますがもちろん自宅から通うことも可能です。とはいえ住み込みで働くこともできる職種としても有名ではあるので住み込みできるところがよい!と思っている人にとっては選択肢に入りやすい仕事といえそうです。

 

住み込みで働きたい場合は求人情報誌やネットで住み込みで働ける配達所を検索するのがよいでしょう。住み込みなので住みたい場所から選択するのもよいですし今住んでいるところの最寄の配達所を選択するのもよいですが、住み込みの場合は自宅からの通勤を考えなくてよいのである程度の地域さえ絞れればどこでもよいという人も多いかもしれませんね。

 

住み込みの場合、配達所の上に寮があるケースと近隣にあるケースとがほとんどです。その寮の質や内容は様々で、3食出てくるような完全な寮スタイルのところから部屋を安く貸し出し光熱費も給料から少額天引きするのみなどどんな住み込み生活をしたいのかによって選択肢も変わってきます。

 

住み込みの場合基本的には専業と変わらない仕事量になるので仕事自体はかなりきつく、募集内容にもきついとは書かないまでも「夢のために頑張ろう」という文字をよく見かけるほどで、お金を遣う暇がなくそれなりに給料もよいので溜まるという方式が当てはまるようです。

 

女性でも住み込みで働くことができる場所もありますし、新聞奨学生になると女性も多くいますが、なかなか女性で住み込みで、となると厳しい現状があるようです。女性でどうしても住み込みでと考えているときは場所などを選べないと思っていたほうがよいかもしれません。