新聞配達員の生活

新聞配達員の生活は朝起きるところから始まりますが、普通の会社員なら夜更かししちゃったなぁというくらいの時間に起きて働きだすのが特徴です。

 

チラシを折り込む作業から開始する場合は夜中の2時や3時に出勤し仕事を開始するケースが多く、配達だけの場合でも3時半頃から4時頃には出勤となるので日の出前に起きることになります。

 

新聞配達前の準備から含め配達終了まで朝刊なら大体2〜3時間の勤務となることが多いようです。

 

配達量や仕事内容にもよって時間は変わってきますが多くの人が起きてくる朝の6時頃には仕事が終わってしまうので帰宅後もう一度寝るのでも活動を始めるのにもかなり有意義に朝の時間を使えることになります。

 

その後、営業などの仕事も任されている場合は日中に住宅を回って新規購読者を探したり専業の正社員になると事務作業なども行います。夕刊の配達は15時頃から作業を始め17時頃には配達も終わり1日の仕事が終わることになります。

 

夕方からの時間が長く羨ましいようにも感じますが、翌日も2時3時に起きることを考えると夜にくつろぐのは難しそうですね。起床時間が早い分、アルバイトで慣れてくれば時間をかなり有効に活用できるようになるかもしれません。

 

特に遅刻が許されない仕事ではあるので前日に飲みすぎちゃって、というわけにはいかない緊張感は常にあるかもしれません。目覚めのいい人には問題ないかもしれませんがなかなか起きられない人にとっては起きることそのものが最大の仕事になるといっても過言ではないかもしれません。