新聞配達のアルバイトに向いている人いない人

どんなに稼げるからといっても、仕事にはそれぞれ向き不向きがあります。夢のために向いていないけれど頑張るんだ!と割り切って働ければいいのですが、その頑張りを長く続けるのは至難の業です。

 

今回は新聞配達のアルバイトにはどんな人が向いているのか、反対にこんな人ややめておいたほうがよいというケースと一緒にご紹介します。

 

まず、一番向いているとされるのは、日々同じ作業が続くことにつらさを感じない人というのが挙げられます。季節の移ろいを感じたり、日々自分への挑戦として配達時間を短くすることを目標に楽しめるといっても新聞は休刊日以外毎日配達するものです。

 

基本的には割り振られているエリアに配達になるので新規の購読者でもいない限り同じことの繰り返しとなります。
事務作業とはまた異なり移動しながらの作業になるので座り続けるのが苦痛ということはありませんが、雨の日も台風の日も大雪の日も配らなければならない大変さもあります。

 

もう1点は朝が早く起きること、寝起きの問題です。寝起きがよい、朝早くても目覚ましがあればなんとかなるという人は新聞配達に向いています。

 

反対に起きることが仕事の一部ともされる新聞配達なので、寝起きが悪い人や目覚ましを何個かけても起きられない、寝坊して遅刻するケースが多い人は全く向きません。

 

寝坊ももちろんですが遅刻が許されない仕事で欠勤することで多くの人に迷惑をかけてしまうため首になるのも覚悟の遅刻や欠勤となります。

 

寝起きのよさとルーティンワークへの意識、この2点をよく考えて新聞配達のアルバイトが自分に向いているかいないかを見極めるとよいでしょう。