経済新聞の場合

どうしても経済新聞が配りたい!そんな新聞配達アルバイトの始め方をする人は滅多にいないかもしれませんが、経済新聞を配りたいと思えば、そうした求人を探すことは可能です。

 

ただ、数自体が少ないので地元にあるかはわかりませんし、本当にどうしてもという場合には引越しもやむをえないということだけは頭にいれておきましょう。

 

経済新聞だけを扱うのは、やはり難しいので他の地方紙も配りながら経済新聞も配っている配達所がほとんどです。

 

元々大手の普通紙に比べて購読者数は多くないことやいち早くタブレット端末などで読めるように配信をはじめたりと、購読者の層に合わせたサービスを行っているため配達業務自体が少なくなっていることも影響しています。

 

経済新聞を読む購読者層は、経済やITといった最先端のものに興味のある人が多く、会社員など日ごろ忙しく新聞をゆっくり読む暇がない!と言いそうな人が大半なのでタブレット端末やスマートフォンなどでいつでもどこからでも読めるというサービスが一番適しているとも考えられます。

 

今後、様々な機器やネット上の情報管理などが進化していくにつれ一番はじめに配達がなくなるのは経済新聞といえるかもしれません。どうしても経済新聞を配達したいという希望のある人は早めにこの職に就いておいたほうが後悔せずにすみそうですね。

 

求人情報はネット上でも求人情報誌でも検索可能ですが、数は少ないのでネットのほうが早く見つけられるかもしれません。