新聞配達員とは

新聞配達員とはその名の通り新聞を配達する人のことです。朝刊と夕刊を配るのが主な仕事となり、朝が早いのが特徴ですがアルバイトで朝刊のみの配達や夕刊だけなどのケースもあるようです。

 

新聞配達員になるためには、インターネットや求人情報誌などでの募集を確認するか最寄の新聞配達所で直接問い合わせしてみて面接を受けることになります。

 

自転車での配達や走っての配達は実際にやってみるとかなりの重労働になるので原付自動二輪車の運転免許を持っていたほうがよいでしょう。

 

新聞配達をしている人は、専業の正社員、臨時のスタッフ、契約社員、アルバイトやパート、新聞奨学生などで住み込みで働く人もいますが自宅から通うことももちろん可能です。

 

住み込みの場合、居住費が安く済むので短期間でまとまった額のお金を溜めたいときなど効率的に働くことができるようです。

 

配達員と言えど、チラシを新聞の中に折り込む作業や雨の日にビニールをかける作業、集金など配達以外の業務も意外とあります。

 

専業やアルバイトでも本腰を入れて働くようになると営業といって新規の購読者を増やすために戸別訪問をしたり新聞配達中に隣近所にお伺いをたてたりするよくある新聞の売り込みをする可能性もあります。

 

新聞が届かない(不着)やいつもの時間に届かない(未着)などミスがはっきりとわかる仕事のため、ミスや購読者に迷惑をかけるとペナルティといって数百円から1,000円程度の給与からの天引きなどが行われることもあり慣れてきてもある程度の緊張感を持って働くことができるようです。