あると便利なグッズ

新聞配達を始める上で、日々の配達にあると便利なちょっとしたグッズというものがあるようです。中にはそれがないと配達の際色々と不都合が出てくるようなものもあるので要チェックですよ。

 

まず、軍手です。かさばる新聞の束の中から1軒1軒回って1つ1つ投函していくのに滑り止めつきの軍手がかなり役に立つようです。というのも紙は素手で持とうとするとすべりやすく強い力で掴んでいると100軒も配っているうちに手が紙でかさかさになったりひどいときにはすれて痛くなってしまうこともあります。

 

中には忘れたら悲惨だからと配達所に一つ予備のものを置いておく達人もいたり、良心的な配達所にはみんなが使えるように置いてあったりするようなので大量購入する前に確認を取っておいたほうがいいかもしれません。

 

雨の日に活躍するのは雨合羽です。配達手段が走って配達するのでも自転車でも原付でも外を移動することに違いはありません。主婦が使うようなズボンと上着セットのタイプの雨合羽なら服が濡れることを心配せず雨の中でも怖くありません。

 

雨合羽まで用意してくれる配達所は上着だけならあるようですが全身タイプとなるとなかなかないようなので自分で用意しておくとよいでしょう。雨はアルバイト初日に降る可能性もあります。

 

そして最後は目覚まし時計です。今は携帯の目覚まし機能を使っている人も多いかと思いますがふいな充電し忘れなどで目覚ましが鳴らず寝坊してしまった!という事態を避けるためにも1つはアナログの目覚まし時計を用意してセットしておくことをオススメしますよ。